KANSAI KOKUSHU STUDY GROUP
関西國酒研究会

國酒のプロを集めた研究会 in 関西

”KKSG” KANSAI KOKUSHU STUDY GROUP
関西國酒研究会

第一回目の開催レポート(2024年1月28日分)を公開しました。[Report]


関西在住の國酒の有資格者(唎酒師、日本酒学講師、酒匠など)を対象に、サービス技術の向上や最新情報への知識のアップデートを図るためのテイスティングやペアリングのセッションを定期的に開催しています。

資格取得後、地元の関西地域で継続して日本酒、焼酎をプロ目線で研究開発を行い、マーケティングの考え方に沿って、スキルアップが可能となる場を提供すべく2024年1月に発足しました。

研究会メンバーは有志で活動しており、プロの『自己研鑽』の場として、個々のビジネスに活かしています。


研究会のコンセプトは、「感動する美味しさを追求・発見し、サービスへ活かすこと。です。

各回テーマ沿って、 参加メンバーが経験や知識を持ち寄り、テイスティングを通して積極的なディスカッションを行いながらお酒の特性を見出し、より良いサービス方法(ターゲット選定/酒器/温度/ペアリング/メニュー開発)や販売トークを研究開発します。テーマはメンバーの希望を中心に取り上げ、共に知識を深めていきます。


接客サービスの技術向上については、グローバルス・タンダードを基本としているため、日本語と英語の2言語で酒類の表現方法を学びます。訪日外国人客に対応できる言語スキルを習得して、EXPO 2025 大阪・関西万博開催に向けて備えましょう。


セッションの進行は、SSI研究室の専属テイスター/酒匠/日本酒学講師/国際唎酒師/焼酎唎酒師/ソムリエなど豊富な知識と経験を有する主宰者がモデレーターを務めます。現在のコアメンバーは女性が中心で年齢層は20-40代です。酒類販売への取り組みに対して高いモチベーションと情熱のある方ばかりです。


研究会メンバーは、飲食店スタッフ、小売店の販売員、商社社員(卸問屋)、日本酒学講師など日々接客に従事しているプロに限定しています。これは、商品性や品質を客観的にポジティヴに評価する視点で行うためです。(将来的に國酒のプロを目指しておられる有資格者のご参加も相談可能です。)


参加をご希望の方は、FBO会員サイトのコミュニティ(グループ)に参加申請をしていただき、こちらEメールにお問い合わせください。当会での活動に期待される点をお聞かせいただきました上で、ご参加を決定していただくようにいたしております。予めご理解の程、宜しくお願いいたします。


(開催終了)  KKSG SESSION#1 (KANSAI KOKUSHU STUDY GROUP)
テーマ:イタリア料理と日本酒のペアリング

ヨーロッパ料理の中でも新鮮野菜や魚介類など素材を生かした料理が多く、ロングパスタなどの麺類や豊富なチーズの種類もあることから、日本食との類似性や清酒の持つ風味との同調が期待できます。また、エクストラ・ヴァージン・オリーヴオイルは清酒との相性も良いです。イタリアのフルコースの前菜、プリモ(パスタ)セコンド(メイン)、ドルチェを通して日本酒とのペアリングを考察します。 

◆開催日時:2024年1月28日(日)
開催時間:12時~15時
開催場所:C'e Post (チェポスト) ITALIAN DINING & WINE BAR
◆所在地:大阪市大阪市都島区片町2-11-4 パティオ京橋 (MAP)
最寄駅JR京橋駅より徒歩7分、京阪線 京橋駅 片町口より徒歩1分
会費:5,500円(税込)
※会費にはランチコースと酒類の持ち込み料金を含む。
※オーナーシェフは日本酒にも精通されています。
持参物
各自1本( 清酒又は濁酒)をお持ちください。
お酒の容量は720ml以上でお願いします。貴醸酒の場合は500mlでもOKです。
商品代金は会費には含まれませんので、別途でご用意いただくことになります。
イタリア料理に合うと思うものを考えて持参していただき、当日にその理由を発表いただきます。皆で体験を共有しながら検証します。
当日の進行:
1. イタリアという国の食文化の特性を知り、日本料理と比較する。

2. 日本酒の味わい要素と基本の五味の再確認。

3. 持参した日本酒を全て試飲し、特性を抽出する。
4. コース料理を実食しながら、最適と思われるお酒との合わせ方を検証し情報を纏めて発信する。 

第一回目の開催レポート(2024年1月28日分)を公開しました。

Report_KKSG vol1 Report by TF_20240128_hp.pdf